胸と肩甲骨の二つは、深い関係があ
エンジェルアップでバストアップは何カップ上がる?
ホームボタン
胸と肩甲骨の二つは、深い関係があ

胸と肩甲骨の二つは、深い関係があ

胸と肩甲骨の二つは、深い関係があるという風に言われています。

歪んだ肩甲骨だと血の巡りが悪くなり、栄養を十分に胸に届けられません。それだと、胸の成長を妨げてしまうので、肩甲骨の状態を治して血行を良くしましょう。

さらに、肩の凝りや冷え性といった原因ともなりうるのです。



実はストレスが胸を大きくすることの妨げになることも有り得ます。ストレスがあることで体が常に緊張状態になり、血行が悪い状態になります。
血の巡りが悪いということは、バストのサイズをアップさせるために必要な要素が十分に行き届かないということですから、胸の成長にいいものを摂取しても、効果がないでしょう。
育乳するためには食べ物も大切になります。育乳するための成分が満足に摂れてなかったら、胸は大きくすることはできません。特に間違っても過剰なダイエットなどはしないようにして、栄養バランスの良いものを食べましょう。

胸が豊かになるといわれている食べ物をどんどん取り入れることもオススメです。このプエラリアとは、バストアップの効果が期待される成分として注目になっていますが、副作用の心配も存在します。


女性ホルモンのうちの一つであるエストロゲンの分泌を促進する成分なのですが、ニキビができたり肌荒れが起きるそうです。ですので使用するには注意が必要になります。イソフラボンの体への働きについて述べます。イソフラボン類には女性のホルモン類似の働きを見せる含まれていますから胸を大きくしたい人や年を重ねるに従って髪が薄くなってきてしまった人などに試す価値があります。胸のサイズアップは女の人なら誰もが目指すことではないでしょうか。それは、女性の本質として体に刻み込まれているように思うからです。たまに果物のサイズに例えられるおっぱいですが、なぜそのようなものと並べられるようになったのでございましょうか。



豆乳には女性ホルモンのエストロゲンと近い働きをするイソフラボンと呼ぶ成分が保有されています。


イソフラボンをとることによりエストロゲンの分泌を活発にするため、バストを大きくする効果が望めます。


豆乳には、そのほかにも質の良いタンパク質が配合されているというのもバストアップに有効であるといわれている理由です。



ざくろの摂取によりエストロゲン分泌を活発にすることができるので、バストサイズアップに効果が期待できるでしょう。しかし、普段生活していてざくろを食べるチャンスというのはそんなに多くはないのではないでしょうか?そこでご紹介したいのが、ざくろがふんだんの果汁ジュースです。お手軽気分でご購入できますし、お好きなときに摂取できるのでエストロゲンを手軽に取ることができます。
一般的に、バストのサイズアップを期待して多く使用されるのがプエラリアという製品です。
このプエラリアというのは、女性ホルモンに作用するという特徴から、女になりたい男も飲んでいたりします。
常連の方も多いようですが、しかし、副作用の報告もあり、バストアップの効果にも個人差があります。食べ物で効果的に胸を大きくしたい場合は摂取する際によく考えてみてはいかがでしょうか。いつ摂取するかによって、バストアップ効果的に多少なりとも状態を変えることができます、例に出すならば、エストロゲンの分泌を活発にする食べ物は、エストロゲンが出る月経期、卵胞期、排卵期に食すようにするのがよいでしょう。

関連する記事

▲ Page Top

Copyright (C) 2014 エンジェルアップで2カップサイズアップ?マジか、すぐ買ってくる All Rights Reserved.